節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

カンボジアのシェムリアップ到着&トゥクトゥク交渉


f:id:rupannzasann:20180506074520j:image

 

どうも節約系ミニマリストのルパン座3です。

ただいまゴールデンウィークを使ってカンボジア旅行中です 。

まずは LCC でスワンナプーム国際空港へ移動し、そこから カンボジアのシェムリアップまで移動します。

一時間とはいえ国際便のため一応 機内食が出ます 。

プライオリティラウンジで食事をしていたのでお腹すいていませんが 、もったいないので食べます
f:id:rupannzasann:20180506074601j:image

タイカレーのカレーパン

これはありそうでなかった。😋🍴💕

 
f:id:rupannzasann:20180506074631j:image

 オレンジジュースと果物各種 と水です。

1時間のフライトなので、かなり少なめな機内食です。

つけないでその分割り引きしてくれたら助かるですが、 国際便のキャリアは必ず機内食をつけないといけない決まりがあるのでしょう。

 
f:id:rupannzasann:20180506074702j:image

シェムリアップ空港でビザの申請をしましたが、機内で入国カードと一緒にその書類も配られたので、事前に記入済みでした。

そのため10分でビザ取れました。8ヶ月持つようなので、正月カンボジアで過ごすというのもギリギリありです。

f:id:rupannzasann:20180506074748j:image

空港から出て、SIMカードを買ったら、タクシー窓口でトゥクトウクの1日専属ドライバーを契約します。

 

 

私の担当はチェンさんでした。ドライバー歴10年のベテランです。

 

契約は

行く範囲によって、値段が変わります。

アンコールワットなど近場のみのコースを選びます。

29ドルでした。現地では基本ドルが基本の通過です。

セントが使えないかわりに、現地のリンギットが使えます。

 
f:id:rupannzasann:20180506074905j:image

 まずはアンコールトムに向けて、走ってもらいます。決められた範囲であれば、いくつの追跡を回ろうと、途中で一旦ホテルによろうと値段は変わりませんので、存分に働いてもらいます。


f:id:rupannzasann:20180506074941j:image

道路からの土煙がたちまくりなので、コンタクトの人は死にます。

なかなかのザ東南アジアです。

アジアの最貧国の一つであるカンボジアは一人あたりの月の 1万5000円 とからしいので、外国人向けのドライバーはなかなか儲かるのでしょう。語学力があることはどこの国でも大事です。

チェンさんは少しの英語と少しの日本語話せました。

他のドライバーでも、英語ペラペラな人や、中国語でガイドしている人もいました。

 

D22 地球の歩き方 アンコール・ワットとカンボジア 2018~2019

D22 地球の歩き方 アンコール・ワットとカンボジア 2018~2019

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/12/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

さて、楽しみだ‼️

 

2018年5月5日記事作成