節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

シェムリアップのホテル周辺でウロウロ


f:id:rupannzasann:20180506181143j:image

 

どうも、節約系ミニマリストのルパン座3です。GWを使ってカンボジア旅行を満喫した来ました。 


f:id:rupannzasann:20180509232246j:image

旅行中の夕食くらい贅沢しようと、

生意気にも思いまして 、カンボジア名物のアプサラダンスを見ながら食事ができるというレストランに行きました。


f:id:rupannzasann:20180506181212j:image

土煙舞う田舎の汚い道の中に、

急に綺麗なレストランがありました。

そこが今回のレストランです。

 

踊りを見ながら食事をするなんて、

貴族の遊びです。

我ながら贅沢しすぎたかもしれないと 、

入店して早々に 後悔をしました。

 
f:id:rupannzasann:20180506181242j:image

出されてくる料理は、地元の野菜や魚を使った 健康に良さそうな料理です。

味を伝えたいのですが 、何とも食べたことない味すぎて、 うまく伝えられません。

美味しいは美味しいです。

 

辛くもありません 。臭くもありません。

比較的食べやすい料理かなと思います 。

あまり香草も使われていないので、

その点も楽でした。
f:id:rupannzasann:20180506181302j:image

ただ貧乏舌の私にとって、一番美味しかったのはマンゴーシェイクです。

カンボジアはマンゴーが、とにかく美味しいです 。

各家の庭先にマンゴーがなっていて 、

棒でマンゴーを叩いて落として拾っているお母さん方を見ました。

 

それくらいマンゴーが当たり前の土地なので、マンゴーの扱いもさすがのものです。

一杯2ドルで最高に美味しいマンゴーシェイクが飲めました 。

ちなみに路上のドリンクスタンドでは 、

1ドルで500ミリリットルのマンゴーシェイクが買えます。

最高です!

マンゴー好きにはたまらない土地です。

 
f:id:rupannzasann:20180506181331j:image

1時間のアプサラダンスを含む、

各種カンボジアの伝統ダンスを見れて、

コース料理と単品一つ、カクテル1、

マンゴーシェイク2

その費用も含めて 43ドル弱でした 。

 

高級店なのに安いですね。

カンボジア最高です 。

タイで同じことをすれば、

2倍はかかるでしょう。

 

翌日の昼間には、

近所の カフェバーに行ってみました。

 
f:id:rupannzasann:20180506195759j:image

 欧米人がたくさん来る大観光地ということもあり、オシャレなカフェバーが多いです。


f:id:rupannzasann:20180506195823j:image

エビ入り生春巻2.5ドル

バナナシェイク2ドル

生春巻はベタだけど美味しいなー

魚醤ベースのたれが良いのでしょうな。

バナナシェイクは喉乾くから、やめとけば良かった。

 
f:id:rupannzasann:20180506195843j:image

グリルチキン

3ドル

ライスつきなので、昼食の主食になります。

炙られたチキンが香ばしくて

食欲をそそります。

 
f:id:rupannzasann:20180506195901j:image

フォー的な麺3ドル

牛肉の良い出汁が出ているし、

野菜がとにかくおいしいのだ。

 

合計10.5ドルで1150円かー

安いね✨タイよりちょっと安い❗

でも、どの料理もタイより辛くないから食べやすい。

カンボジアと聞くとお腹を壊しそうな先入観待ったのですが、 大観光地ということもあって、その点は大丈夫そうです。

 

のんびり、ゆっくりカフェ バーを

巡りながら 、たまに遺跡を見に行く。

そのような旅行に、

最適のリゾート土地となる日も、

近いのかもしれません。

 

セミリタイアして、

カンボジアで 2、3ヶ月 ゴロゴロ したいー

 

D22 地球の歩き方 アンコール・ワットとカンボジア 2018~2019

D22 地球の歩き方 アンコール・ワットとカンボジア 2018~2019

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/12/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

2018年5月9日記事作成