節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

毎月10万円超を投資「服ヨレヨレ男」の無謀を書いたFP「横山光昭」はまだまだ節約系ミニマリズムを知らないな

スポンサーリンク


f:id:rupannzasann:20181207002829j:image

どうも、イケハヤ尊師ご推薦、万年厄年、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

みんな大好きプレジデントオンラインのホームページにて、

ファイナルシャルプランナーとして、そのプランの甘さどうなの?

という記事があったのでご紹介します。


f:id:rupannzasann:20181207002848j:image

著者は有名なファイナンシャルプランナーである横山光昭さんです。

 

よくコンビニにこの人の節約本が置いてあるのを見て、

「この本を買うことが一番の節約の敵だな」と思っていたところです。

 

 

節約したければ節約の本を買うな!

ネットで探せ!というのが基本ですよね。

節約しようとして節約の本を買うってw

コントみたいなことをしてはいけません。

 

プレジデントオンラインの記事では、

横山さんが独身37歳の家計簿のビフォーアフターを提案していました。

何でもこの男性は無理して投資にお金を回してるがために、

ヨレヨレのスーツを着て歩いてるそうです。

 


f:id:rupannzasann:20181207002919j:image

 

さて、項目を一つ一つ突っ込んでいきましょう!

この男性は東京に住んでいると仮定します。

 

37歳独身で交際費がゼロ円という付き合いの悪さから考えて、

おそらく結婚することもなく、その気もなく、 友人も少ない人間でしょう。

まさに私の 3年後のような交際関係と見ていいでしょうな。

 

だとしたら 結婚もせず一人で生きていかなければなりませんし、

友達の力を借りれる程の密な友人関係も作れていない。

としたら 多少無茶をしてでもお金を貯めておくというのは、

大事な生き残り戦略と考えてもよろしいでしょう。

 

 

その生活を無謀と切り捨てるのは、さすが子宝6人に恵まれた、

イケてるファイナンシャルプランナー様ですよ。

もっと孤独に 生きている人間の お金を貯めるということに対しての意識を、

尊重して欲しいところですね。

一人で生きていくしかない人間もいるのです。

 

さて、結婚式もせず家に呼ぶ友人もいないと仮定すると、

家賃92000円は高すぎますね。東京だとしても。

 

もっと狭いおんぼろアパートに引っ越して、家賃を5万円まで下げましょう。

沖縄をだったら25000円くらいまで下げられるのですけど、

東京だとそんなもんでしょうね。

仕事場から遠すぎるところに引っ越しては、本末転倒ですから。

 

食費アップはまあ確かにこれくらいでいいでしょう。

水道光熱費 に関してもこんなもんでしょう。

 

通信費は wi-fi ルーターと格安スマホ格安スマホにすることで 月6000円にできます。

生命保険は解約しときましょう。

100万円程度の貯金があれば、別に病気になっても大丈夫ですし、

死ぬような重い病気になったら、 金借りまくって返さないで死ねばいいだけですから。

 

高額医療費補助などを使えば、 大概のことはなんとかできますので、

自分が死んだら生活に困る人がいないと言う独身男性だったら、

生命保険は無駄です。 

すぐに解約しときましょう。

 

 

教育費5000円は何を指しているのでしょうか。

本とかを買って読めとかそういうことでしょうかね。 

37歳で今更資格取得というわけではないでしょうから。

 

でもだったら図書館やキンドルアンリミテッドなどで、

無料や月1000円で本を読むという形がいいでしょうね。

5000円を増やす必要ありません。

 

NHK と新聞はもちろんいらないので、テレビと共に断捨離してしまいましょう。

アプリによる投資に関しては、楽天証券でのインデックス投資に変えます。

額5万円はそのままでいいでしょう。

 

交際費プラス5000円は 1万円にしときましょう。

合わせてブログで記事を書いて、 収益化を目指します。

そのための必要経費が月5000円としましょう。

後はクリーニング代で 月5000円。

 

さあこのように私の案で変更しますと、

36000円のプラスができます。

その 36000 円は 毎月手元に残しておいて、

いざという時の医療費などの ためにとっておきましょう。

100万円貯まったら 超えた分は投資に回します

 

私がファイナンシャルプランナーだったこのようにも勧めしますね。

私があまりファイナルシャルプランナーが好きじゃない理由としては、

ファイナンシャルプランナーは平均的な人間の人生を元に考えているので、

個別の誰にも当てはまらない人生プランニングしてしまっているのです。

 

ファイナンシャルプランナーが思い浮かべた理想的な波のない人生のように、

人生は思い通りなんか行かないです。

だからこそ お金を貯めておくそのために多少は無茶をする。

これが大事ですよ。

 

 

今回は 結婚しなくて友達がいない人間が、

残り50年どう生きていくかということを真剣に考えて、

ファイナンシャルプランニングをしていないから、

このようなことになったんだと思います。

 

そもそも無茶な投資をしているから、

スーツがヨレヨレなのではなく、

面倒くさがりでクリーニング屋に持って行くのが、

面倒だからよれよれなだけでしょうね。

 

2週に1回クリーニング屋に持っていくというのを習慣化すると良いでしょう。

それはファイナンシャルプランニングどうこう以前の話です 。

それなのに、投資に回しすぎてお金がないから、

スーツがヨレヨレなのだという風に誘導するのはミスリードでしょう。

 

 2018年12月7日記事作成