節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

「能力高くないなら金使うな。能力高くても金使うな」 「極限系ミニマリスト 物無 尊(ものなし たける)」ミニマリズム④

スポンサーリンク

このお話は、普通の25歳独身社会人「物欲 草太(ものほし そうた)」が、
極限系ミニマリスト「物無 尊(ものなし たける」との出会いにより、
ミニマリストとして目覚めていく物語である。
というコーナーを始めました。
物語の形をとりながら、節約系ミニマリズムをわかりやすく説明できれば思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

僕の名前は物欲草太、25歳。
沖縄で月給18万円の中小企業で3年目の営業として働いている。

 

 

そんな、僕には憧れの上司がいる。

それは加川部長だ。いつもスタイリッシュで女性社員のあこがれの的なのだ。

 

40歳にして本社の部長職を務めているのは、だてじゃない。

32歳の奥さんと5歳と7歳の子供を愛し、海沿いのマンションに住み、

それでいて仕事もバリバリこなすビジネスマンだ。
f:id:rupannzasann:20190130230601j:image

全身ブランド物を身に着け、出社時にはスポーツタイプのBMWで

颯爽と登場するのだ。

くううう~あこがれるううう。

 

でもね、噂によると、近く加川部長は独立をするらしい。
本人は否定するが、どうも態度がおかしい・・・

恐らく着々と独立のための土台作りをしているところなのだろう。

一緒に連れて行ってほしいけど、僕の能力では難しそうだ。

 

それに比べて全く憧れないのが多田係長だ。
f:id:rupannzasann:20190130230621j:image

パソコンも得意ではない多田係長は、ただ椅子に座ってぼ~としていたり、

社内をうろうろ歩いているだけだ。

 

車だって、ぼろい軽自動車に乗っている。

家だって4人家族で小さい賃貸のアパートだ。

加川部長より10歳も年上なのに、その下で係長をしている情けない人だ。

おそらく定年まで係長どまりだろう。

 

今年入社の僕の後輩たちですら、陰で多田係長を「ただいるだけか?長」

と馬鹿にしているが、それについては僕も同意だ。

あんな人が僕よりも高い給料をもらっているのが、むかついてしょうがない。

 

加川部長もいなくなるなら、こんな会社にいても仕方がない。

またハローワークで良い転職先が無いか探してみるか・・・

 

 

 

www.rupannzasann.com

 

 この間、ハローワークに行ったときは、東京の会社への転職を求めて

だったのだけれども、物無尊に諭されてそれはやめた。

 

また、物無尊に会うのが嫌だったから、それ以来ハローワークには行っていない。

でも、物無尊は宅急便の配達員に転職したようなので、

 

 

www.rupannzasann.com

 安心してハローワークに行けるぞ!よし、明日の休みに行ってみるか!

 

翌日~ハローワークにて~

「次の方どうぞ」という声に呼ばれて窓口に行ってみると、

 

「また、あなたですか?まだ転職を考えているのですか?」

 

あれ?まだ物無尊がハローワークで働いているな・・・

こいつ転職したのでは?

「宅配便の配達員に転職したのではないのですか?」

思わず、そう聞いてみると、

 

「ハローワークのこの仕事は契約社員なんでね、てきとうにやっておいて、

副業で配達員もしているのですよ。」

 

まじか、客にそれを言うなよ・・・

 

「さて、今回はどのようなご用件で?」

「え~と、実はねですね、うちの会社が~」

僕のうちの会社の現状、加川部長と多田係長の話を物無尊に話してみた。


f:id:rupannzasann:20190130230735j:image

 話している途中で気が付いたけども、物無のやろう、つまらん・・・・という風な、

死んだ目で聞いていやがる。

「人生相談する場所ではないのですがね。まあ、相談する相手もいない寂しいあなたのために、私が相談に乗りましょう。」

 

ああ、こいつ殴りたい。

 

「まず、その加川部長の独立にはついていかないほうが良いでしょうな。」

「え?なぜですか?」

 

「これから2025年問題が控えて1億総貧困時代に突入するこの日本で、

 

www.rupannzasann.com

しかも、その中でも特に経済力のない沖縄でこれから起業する?

正気ですか?

 

ネットで情報を売るような商売なら在庫も抱えないで済むから、いくらでもやればいいですけど、

卸売りから仕入れてそれを売る小売業タイプの仕事で、いまさら起業しようなんて、頭がおかしいですよ。そんな仕事は益率も低いですし。

 

そもそも、起業のための資金はどうするのです?おそらく銀行から借りるのでしょう?

頑張って会社を継続させたとしても、銀行への元本返済と利子のために働いているようなもので、何の自由もないですよ。」

 

 

「いや、貯金くらいあるんじゃないですかね?」


f:id:rupannzasann:20190131010801j:image

 

「それは君、沖縄という土地柄を分かっていないね。

家族経営の中小企業では、雇われの部長職の年収なんて、

せいぜい700~800万円が良いところでしょう。

それでも同年代の沖縄の平社員に比べたら2倍だけどね。

 

でもね、700万円なんていう半端な年収のくせに、BMW乗って、ブランド品ばかり身に着けていたら、ボーナスで毎月のマイナスを埋めているような状態ですよ。

ろくに貯金なんてできていないでしょうよ。

そんな男に限って、何の見栄か知らないけど、女房は専業主婦だったりしてな。

沖縄に限らず、地方の中小企業の部長、課長職あるあるだな。

 

そして、そんなに奴に限って、広くはないけど新築で見晴らしの良いマンションなんかを買って、ローンを払っていたりするんだよ。

馬鹿らしい。

 

本当に起業したいなら、軽自動車に乗って、

清潔感があるけどノーブランドのスーツ!みたいなお金を抑えたものを着て、

せっせと節約してお金を貯めるべきなんだよ。」

 

「あ!まさか多田係長は、その作戦で起業資金を貯めているのか!」

 

「いや、それはないでしょうな。

話を聞く限り多田係長は、そこまで仕事はできんでしょう。

でも、だからこそ、自分の「分をわきまえて」お金を使わないように、

意識して質素に生活をしているのでしょう。

 

能力が低いからこそ、

もしかしたらこれから早期退職を迫られるかもしれないと考えて、

その防衛のために節約してお金を貯めておいているのでしょうな。

さて、本当に賢いのはどちらかな?」

 

「そして、前も言いましたけど、

転職をしようと思っても、何のコネもなく、どこからの事前の引き抜きもなく、

アホ面下げてハローワークに仕事を探しに来るような、

何でもない普通なあなたは、どちら側の人間なのかという点です。」

 

あなたは独立起業するわけでもなく、かといってバリバリ仕事をして出世するほどの努力もしたくない。

毎朝、朝起きて仕事に行くのが憂鬱だ、俺は社畜だと、

そんなに仕事頑張ってもいないくせに社畜風自慢をTwitterで垂れ流しているタイプのやる気のない人間でしょう?

 

だったら、今の仕事にしがみつきつつ収入を確保して、空いた時間で副業をして、

他に稼ぐ道をもう1つ、2つ作っておくというのが向いているでしょう。

うまく軌道に乗れば、その副業を本業にすればよいし、

うまくいかなければ、月数万円の小遣い稼ぎとして使えばよいのです。


f:id:rupannzasann:20190131010725j:image

 

多田係長のような人をクビにせずに雇えているということは、

お宅の会社はまだまだ経営に余裕があるということです。

加川部長のようなタイプの人間は、おだてて働かせまくっておいて、

自分はさっさと帰って副業を頑張ればいいのですよ。」

 

「そうやって副業で稼いだお金でプチ贅沢を楽しむのですね!ありがとうござい」

 

 

「あなたは本当に愚かな人間だ・・・バカは燃えないと分かんないのかな。


f:id:rupannzasann:20190131010608j:image

今日、火付けてこい。燃やしてしまえ。ふざけんな。今から建物壊してこい。損害賠償を個人で負え」

ありがとうございますを言う途中で明石市長風にディスられた。

 

「いいですか、プチ贅沢を楽しんでいたらお金は貯まらんのですよ。

あなたはお金を稼ぐ能力が低いんだから、金を稼げないんだから!

入ってくるお金が少ない以上、出ていくお金を減らす努力をやらないと

お金なんてたまらんぞ?」

 

「これからの日本人が意識すべきは、「少ないお金でどう人生を楽しむか

これに限る。それができないとこれからの1億総貧困時代を生きられない。

 

まずは、節約してお金を貯める。あわせて副業もする。

そして収入の1/4以上をインデックス投資に回して、長期投資をする。

その資金で早期セミリタイアをするなり、起業するなりすればいいのです。」

 

「分かりました!ありがとうございます。

加川部長のようなスパイラルに入らないように、副業を探しながらお金貯めます!」

 

「君は頭が悪いけど、素直なところが良いところだな。

どうだね、私の弟子にならないか?」

 

「弟子というと?」

 

「まずは、私からミニマリストに関する情報商材を10万円で購入すると良いぞ。

そして、その商材をを他の人間に10万円で売るのだ。そうすると、私に5万円、

君に5万円入ってくる。これを繰り返していけば、すぐに金持ちになれる。

Twitterではね、今みんなこうやって儲けているんだよ。


f:id:rupannzasann:20190131010524j:image

だから、大学生で月収100万円のやつとか出ているんだよね~」

 

「もろマルチ商法やん!もう、帰ります!」

「さすがに引っ掛からないか。さすがわが弟子。」

「かってに弟子にしないでください。もう会う機会はありませんよ。さよなら。」

 

高笑いする物無尊を放っておいて、僕はハローワークを後にした。

もう会う機会はない・・・と思いたいが、

またどこかでやつに会うような気がしてならない。

 

2019/01/30記事作成