節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

「ミニマリストしぶ」とのタイマン50戦②

 

 

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

 

 ⇒キンドル版まだ出ていないかと思ったら、出ていた。

本番よりこちら版を買いましょう。


f:id:rupannzasann:20180529153204j:image

どうも、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

ミニマリストしぶさんの書かれた著書「手ぶらで生きる」

の中で紹介されている「 自由になる50の方法」のうち

自分のやり方を比べて、どちらが上か勝負をしています。

 

www.rupannzasann.com

 

今回その 2回目になります。11から20個目の方法を勝負します。

ミニマリスト対決となると、ありがちなのは、

物が少ない方が勝ちというものですが、

物が少なければ勝ちという判断はミニマリストではありません。

より 心地よく効率よく生活できる方が勝ちだと私は思います。

 

前回の勝負では 2勝1敗7分けの 五分五分の勝負です。

今回はどうなるか?

 

11戦目 毎日同じ服を着る


f:id:rupannzasann:20180529153248j:image

しぶさんは白と黒の服1パターンを制服とし、

毎日それを着るという形をとってます。

サラリーマンではなく、スーツを普段着ていないので、

仕事用のスーツ替わりみたいな感覚かもしれません。

 

服を考える時間が無駄であるというのもことから、

服のコーディネートを考える手間や時間を省いて、

生まれた時間やお金を有効活用するという発想だそうです。

 

これについては異論を唱えたいです。

白と黒の服だけ着ていては元気が出ません。

テンションが上がりません。白と黒は葬式の色です。

生き物の色ではありません。

 

www.rupannzasann.com

 

故に 私は アロハシャツ5枚を 着回しています。

だからと言って、特に気分で着るもの選ぶことはしません。

クローゼットにかけてある順番にとっていくだけです。

それであれば服を選ぶ時間がかからないという点でも、

1つの同じ服しか着ない人と同じです。

 

同じく時間を使わないのであれば、カラフルな色を着ている方が

人生楽しいと思います。

ということでこの点に関しては私の圧勝でしょう。

ミニマリストたるもの白と黒しか着てはいけないという発想自体が

つまらないと思います。

そもそも白は汚れに弱い色なので、好き好んで着る意味が分かりません。

汚れ落としのために 無駄な洗濯の時間が生じると思います。

11戦目勝利

 

12戦目 限定物ではなく定番物を買う


f:id:rupannzasann:20180529155348j:image

 

これに関しては完全に私も同意見です 。

地域限定、時期限定のものを買うために、

わざわざお金を多く払ったり、並んだりすることは、

馬鹿らしいことだと思います。

 

限定ものが欲しい理由は、他の人と違うものを持ちたいと言う

自己顕示欲からくるものです。

そのようなものにとらわれてはいけません。

性能自体は定番のものと同じなのですから。限定物を買う必要ありません。

 12戦目引き分け

 

13戦目 レンタル・シェアを使いこなす


f:id:rupannzasann:20180529153317j:image

 

これに関しても完全に同意です。

自分で持つのではなく、レンタル・シェアでしのぐ。

これが家に物を置かないコツのひとつだと思います。

 

何回も使うのであれば、自分で持っていた方が 安くなりますが、

その分それを保管する場所も必要になりますので、

それが嫌ならレンタルやシェアを使うのもいいでしょう。

 

レンタルなら新しいものを常に使えるという利点もありますね。

古いのを壊れるまで使うということしなくて済むかもしれません。

ただ私はいまいち借りたいものもないので、

この考えを活かしきれてない部分があります。

この考えが正しいことはわかってはいるのですけどね。

よってこの部分は 敗北です

 13戦目 敗北

 

14戦目 スマホは大型サイズを選ぶ

 
f:id:rupannzasann:20180529153337j:image

スマホを買うときに、大型サイズを選ばなかったので 、

iPad と Android 二台持ち状態になっています。

大きめのスマホを持っておけば iPad は持たずに済んだなと 後悔しています。

次回買い替える時は、 大型サイズのスマホを買おうと思います。

ということで現段階では、負けを認めるしかありません。

14戦目 敗北

 

15戦目 出口戦略を考えて増やす

 
f:id:rupannzasann:20180529153354j:image

出口戦略を考えて増やすということはどういうことか、

 著書の言葉を使って説明すると、

しぶさんは毎年 iPhone を新型に買い替えているそうです。

 

なぜかと言うと Apple 製品は需要が高いので、

一年使って中古で売れば、購入時の6割から7倍の金額が戻ってくるので、

そのお金で新しく買い換えていけば、少ない持ち出しで買えるし、

売ることが前提なので、自然と大切に使うようになる。

そして常に最新式のスマホを使って生活するということは、

バッテリーの劣化も気にならなくなりますし、

回線も早くなるので、ストレスフリーにつながるという考えですね。

 

SUVの車を2年おきに買い換えるような人も、

同じようなことを言ってました 。

人気があるので 半額くらいで売れるそうです。

節約系ミニマリストの私は、どうしても壊れるまで

使い倒そうとしてしまいますが、 あえてこまめに買い換えることで

買い替え費用を抑え、その時代の最高水準のガジェット使える

という発想はなかったです。

 

 車やスマホなどはこの考えでいいような気がします。

本などでも同じようなことが言えるかもしれませんね。

販売日に買って三日後に売るということをしておけば、

7割から8枚の値段で売れるでしょう。

私にはなかなか思いつかない発想です。

これは完全な敗北です。

てか敗北が続いてきました・・・・

15戦目 敗北

 

16戦目 増やすなら投資になるもの を

 
f:id:rupannzasann:20180529153414j:image

物を増やすのであれば、それが今後を生み出す投資効果を

考えて物を買うべきという考えです 。

高いパソコンを買ったとしても、それでブログ収入が上がるであれば

むしろ買うべきでしょう。

増やすなら投資になるものを買うというのは素晴らしい考えだと思います。

それを私がやってるかと言うと、 目先の節約にとらわれ

変えられていない部分も大きいです。

でも投資になるもの投資になるものと言って、

無駄なものを買ってるケースもあると思います 。

なのでこれは一長一短あると考えてもいいと思います。

よって引き分けです。引き分けに持ち込みます。

16戦目引き分け

 

17戦目 好きではなく大大大好きなものを選ぶ

 


f:id:rupannzasann:20180529154423j:image

身にまわりのものを大大大好きで固めて、毎日を気持ちよく過ごそうと言う

考えからのものみたいです。

ちょっと好きではなく、大大大好きと思えるレベルの好きのものだけを

大事にしていくというものですね。

ちょっと好きレベルでものを選んでいたら、

心が完全に満たされることはないし、

物欲も一生治らないという発想だそうです。

 

でもね、節約系ミニマリストの私には、大大大好きなものというものが

あまりないのです 。

ないと困る、なくても行けるか、 それが判断材料です。

そんなに大大大好きなものってないような気がするんですよね。

 

大大大好きだから使うというよりは、ないと困るから使うというのが

正しいのではないかと思います。

ということで 私の発想の方がより効率的でしょう。

17戦目勝利

 

18戦目 悩む暇があったらさっさと買う捨てる


f:id:rupannzasann:20180529154441j:image

 

 

人間の直感は90%近い確率で的中すると言われているので、

買うかどうか迷ったらも買ってしまうというのが

ミニマリストしぶ流だそうです。

 

いらないってなったとすれば、捨ててしまえばいいわけなので

別に気にせず直感を信じて買って行けばいいでしょう。

早く失敗して損害を小さくする。

人はやらなかったことをもっと後悔するというのが、

 しぶさんの考えだそうです

 

さすが売れっ子は違いますね!

節約系ミニマリストの私にはそこまで思いきることができません。

失敗しているほどのお金の余裕はないのです 。

なので他の人のレビューを見たり調べまくったりして、 物は買います。

 調べてるうちにそれほど情熱がなかったものに関しては、

調べるのが面倒くさくなってきて買わなくなります。

 

調べるなど面倒くさいことを乗り越えてでも、

買いたいと思ったものだけ買うという風に、

ワンクッション置くこともできますので、

私はしっかり悩んで 買うという方を推します。

ということでこれは私の勝利でしょう

18戦目勝利

 

19戦目 消費する側から生産する側に回る

 
f:id:rupannzasann:20180529154506j:image

趣味の中で一番最悪なものはショッピングだと思います。

なぜなら終わりがないからです。

いくらでも続いてしまう。 いくらでも金を吸い続けてしまうからです。

そして消費する趣味は、 虚しさしか生みません。

 

生産する側の方が、楽しく続けられますし、お金もかかりません。

生産する側になるって事は、人に与えられる側にもなります。

消費者に回るな、生産者に回れ!

そういう意味でもブログは書いた方がいいですね。

見てるだけではだめです。

19戦目引き分け

 

20戦目 一日一食で生活する

 

 
f:id:rupannzasann:20180529154523j:image

一日一食で生活するというのは、正確に言うと

朝食にコップ一杯の水と食物繊維イヌリンのパウダー

昼食にプロテイン豆乳などのドリンク類

夕食に玄米か、さつまいも、タンパク質としてサバ缶サーモンなどの鮮魚

アボカドなどのフルーツ野菜たっぷりのスープ という生活です。

 

完全に一日一回しか胃に食べ物を入れてないというわけではありません。

私も 朝食昼食はしっかり食べて、

夕食はプロテインと牛乳と青汁のドリンクを飲んでいますが、

ということは私は実質2食です。

 

www.rupannzasann.com

 

実質1食のしぶさんには勝てません。

一日一食にすればそのぶん時間も取れますので、

色々な活動ができるでしょう。しかし、しぶさんのように

ガリガリひょろひょろでは、 災害時に生き残れません。

男子たるもの、ある程度の筋肉量は必要だと思うのですよ 。

なので完全に一日一食にすることはお勧めできません。

 

老人になってからそれでいいと思いますが。

ということで 1日2食で ちょうどよくカロリーを抑えつつ

筋肉をつけている私の方が、より効率が良い生活をしていると言えるでしょう。

20戦目勝利

 

まとめ

11戦目 毎日同じ服を着る⇒勝利

 

12戦目 限定物ではなく定番物を買う⇒引き分け

 

13戦目 レンタル・シェアを使いこなす⇒敗北

 

14戦目 スマホは大型サイズを選ぶ⇒敗北

 

15戦目 出口戦略を考えて増やす⇒ 敗北

 

16戦目 増やす増やすなら投資になるものを⇒引き分け

 

17戦目 好きではなく大大大好きなものを選ぶ⇒勝利

 

18戦目 悩む暇があったらさっさと買う捨てる⇒勝利

 

19戦目 消費する側から生産する側に回る⇒引き分け

 

20戦目 一日一食で生活する⇒勝利

 

ということで、前回分と合わせて、

6勝4敗10分けですね。

なんとか勝っているな!あと30戦どうなるか~

また、このシリーズあと3回続きます。

 

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

 

 

 

弘兼流 60歳からの手ぶら人生

弘兼流 60歳からの手ぶら人生

 

 ⇒島耕作の作者の手ぶら論も面白いよ。

 

2018/05/29記事作成