節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

帰宅したらそのまま、暗闇の中で生活するミニマリズム

スポンサーリンク

2018/01/06 記事作成

f:id:rupannzasann:20180106005526j:image

どうも、訳のわからないであろう写真をあげてみた、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

これは我がアパートの部屋の写真です。

日中電灯の光眩しい職場で働いているので、目が疲れるのですよ。

だから、仕事終わりで帰宅後は明るい光はしんどい。

ということで、帰宅後は部屋の明かりは一切つけずに、生活しています。

 

rupannzasann.hatenablog.com

 夕食は、仕事場から帰る前に、職場で

プロテイン&青汁&牛乳のシャイクを飲んでから帰宅します。

夕食を取らないのであれば、料理や洗い物もしないので、

帰宅後もあまり明かりは必要ではありませんよね。

 

アパート外の街灯の光を手掛かりに、

風呂に入り、洗濯機と炊飯器のタイマーをかけ、目覚ましをセットし、

iPadのKindleで読書をしたり、ブログ見たり、ユーチューブ見たりします。

その時も画面の光は抑えめにしています。

 

別に暗い中、本を読んでも目が悪くなることはないらしいので、

視力の心配は無問題さ!

夜中は電気代も安いから節約にはあまりならないけど、暗い方が落ち着くので、

そのような生活をしています。

 

部屋の中に徹底して物が少ない節約系ミニマリストだからこそ、

安全に実行できるぜいたくかもしれませんが。

たまには、皆さんもどうでしょうか?

室内にいるのにキャンプ気分を味わえますよ。

 

では、ありがとうございました。