節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。和牛繁殖農家を目指す。

平日1日2食、土曜1食、日曜不食にすることで、週21食→週11食へ減らすミニマリズム

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

朝食と昼食は腹八分目に食べて、夕食は少量のナッツと青汁と豆乳牛乳ラッシーのみという生活を始めて50日がたちました。

体重は5kgしかまだ減っていませんが、食費が半分になり、買い物と調理にかかる時間が減ったので自由に使える時間が10%増えたという利点があります。

 

さて、この生活も慣れてきたのでもう一歩踏み込んでいきたい。

最初は1日1食にしようかと5日やってみたのですが、どうも1日が楽しくない。

ずっと空腹感と戦っている感じで集中できない。

 

あと自炊して作った料理がなかなか減らないので、3日間同じ食事とかになってしまう。

 

ということで、平日1日2食、土曜1食、日曜不食にすることで、週21食→週11食へ減らすミニマリズムに挑戦しようと思う。

 

昔は日曜は昼食か夕食どちらかは外食を楽しんでいました。

ただ、コロナで自粛しているうちに外食にわざわざ行くのも面倒になってきました。

 

あれ食べたいな~と思ったらググってレシピだして自分で作ればいいわけですし、家で自炊して食べると動画を見ながらとか行儀悪く食べても許されますしね。 

 

考えたら年明けからモスバーガーに上司のおごりでいった1回だけが、外食経験だわ。

これほど外で食べなかった期間はなかったな。

 

話し戻しまして、ということで土曜でまず1食にして体を慣れさせて、日曜日は仕事もないので不食でいきます。

どうせ、家でゴロゴロしているか散歩しているか図書館行っているかということくらいしかしないので、全然余裕だろう。

 

おなかがすいたらいつものナッツと豆乳牛乳ラッシーでしのぐ。

豆乳牛乳ラッシーは、ヨーグルトの半固体感が満腹感を出してくれるので非常に便利です。

 

夕食食べなくなってから明らかに体調が良いし、少しの睡眠で疲れが取れるようになっている。加えて週1で不食の日を作ればさらに体内が整うであろう。

食事をしないことで家事も大幅に減るので、子供がいないか子供が独立した夫婦は二人で週末断食して、ゆっくりしたらよいと思うね。

 

20210319記事作成

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村