節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。和牛繁殖農家を目指す。

ワークマン的な作業着専門店でビジネス用黒靴下を買うミニマリズム

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

皆さんはビジネス用の黒靴下をどれくらいの頻度で履き替えているでしょうか。

ちなみに私は靴下を最後に買ってから3年くらい立っている気がします。
f:id:rupannzasann:20210418065225j:image

この靴下は黒と言うより灰色のものではありますが、3年入ってるとさすがに色落ちもしてきていますし、上のゴムの部分がバカになってきて糸もほどけてきます。

 

こうなってくると履いていても靴下がずり落ちてきたりしてちょっと不便なんですよね。

 

こまめに足の爪は切るようにしているので、穴が開いたりはしていないんですが、どうしても上の部分はゴムが駄目になってきてしまいます。

 

ということで3年ぶりにビジネス用の靴下を買いに行きました。

ビジネス用の靴下を買うと言っても洋服の青山とかそういう紳士服のところに買いに行くようではまだまだです。

 

節約系ミニマリストたるもの靴下はワークマンなど作業服専門店で買います。

そういうところの靴下は値段的にも安いですし、何よりも肉体作業に耐える丈夫さを兼ね備えています。

 

私はあと2年で今の会社を退職しますのでビジネス用の靴下が毎日必要になるのはあと2年だけです。

なのであと2年間は靴下を絶対に追加で買うことなく生活したいと考えています。作業服専門店の靴下であればそれを叶えてくれるでしょう。

 

今回は沖縄限定の作業服チェーン「ユニホームのトーエイ」に行きました。ワークマンより安いのだよ、ここは。ワークマンほどおしゃれではないけど。


f:id:rupannzasann:20210418163003j:image

標準的な値段で4足で820円。うむ、予想通り素晴らしい。

何だったら7足で420円というのも最安ではあった。さすがに百均以下は安すぎて怖い。

 

色々見たけれど、締め付けを嫌う男である私は、写真のもので決めました。

これで2年は靴下買い替えないで生きますぞ。

 

 

 

20210417記事作成

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村