節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

私の財産告白 本多静六著 ~ミニマリストへのおすすめkindle unlimited本

 

f:id:rupannzasann:20171207225416p:plain

kindle unlimitedで月額980円で本の読み放題をしています。

その中で節約投資系ミニマリストにとって勉強になるであろう本を

ご紹介していきます。

 

記念すべき1冊目は、ブログのタイトルにもなっている

本多静六著 

「私の財産告白」です。

 

この本は明治~昭和戦後すぐまでに東京帝国大学農学部の教授として活躍しながら、

現在の価値で数百億ともいわれる資産を作り上げ、最後には残らず寄付したという

本多静六さんの一番有名な本です。

節約して種銭を作り、投資でそれを大きくしていきたいという

節約投資系ミニマリストには、まず第一にこの本を読んでいただきたいです。

実際の本の中身を抜粋して引用させていただきます。

 

f:id:rupannzasann:20171207230018p:plain

お金が余ったら貯めようというのでは、永遠にお金はたまりません。

それを踏まえて本多さんはこう説かれています。

給料の1/4を天引きしてからなず貯金して、残りの3/4で苦しい生活を覚悟の上で

押し通してお金を貯めよと。

本多さんは家族9名を抱えたうえでそれをやったわけです。

私は独り身なので、給料の1/2を天引きして生活をし、本多さんに少しでも

追いつけるように日々頑張っています。

f:id:rupannzasann:20171207230434p:plain

でも、天引き生活をただ続けていても、生活は苦しいままではないかと

思う方もいらっしゃると思います。

きついのは最初の数年だけで、あとからは先に投資した分からの利子や

配当などが新しく追加でやって来るので、あとになるほど生活は楽になると

おっしゃっています。

なので、ご夫婦で子供が小さくまだお金がかからない時に、始めはきつい思いをしてでも、この天引き生活を始めておけば、

子供に多額の費用がかかるころには、配当金などでそこまできつくなく、

生活ができるようになるはずです。

家族がいる人ほどやるべきでしょう。

また、学資保険の積立もいいですが、自分で投資先を見極めて投資をしていくことも大事です。それは要勉強です。

f:id:rupannzasann:20171207231043p:plain

虚栄心でついつい無駄なお金を出してしますのが、人間です。

でも自分のネウチが銀や銅でしかないのに、金メッキにしてもつらいだけです。

お金が無いのに無理して新築マンションを買ったり、ベンツにのったりということを

戒めています。

私は自分のネウチが銅でしかないと自覚し、鉄レベルまで下げて生活をしています。

節約で貧乏なのは一時の恥、ぜいたくは一生の恥になります。

生活レベルを下げることが大事です。

良いものを食べなれてはいけないのです。

 

rupannzasann.hatenablog.com

f:id:rupannzasann:20171207231517p:plain

ただ、節約だけではお金は作れません。

本職以外のアルバイトをすべしとのことです。

ナリワイづくりですね。

本多さんは本を書くことで、副収入を得ていました。

我々に本を書くというのはハードルが高いですが・・・・

毎日2記事ブログを書く!というのでその代りにできますよね?

がんばってブログで月1万円稼げるようになりましょう!

f:id:rupannzasann:20171207231905p:plain

本多さんは農学部の中でも山林経営のプロだったので、

不動産投資でかなりの財を稼いでいますが、今の日本でそこまで不動産投資に

うまみがあるとも思えないので、飛ばします。

気になる人はkindle unlimitedで読んでみてください。

本多さんがほかにうまかった投資としては、株です。

その基本は

①短期保有予定の株は2割上がったら利食いする

②長期保有予定の株も2倍の値段になったら、半分売って半分残す

の2つです。欲をかかず例外を作らず、淡々とこの基準で株を買っていきます。

今後アメリカの株価暴落を引き金におこるであろう、世界株安時にぜひ

株を仕込めるように、節約貯金で種銭を貯めておきましょう。

 

f:id:rupannzasann:20171207232828p:plain

積極的に働いてお金を貯め、消極的に質素倹約この2つの両輪によってのみ、

巨額な資産をもてるようになります。

積極的に働くことをやめてゆっくり暮らす生活もあこがれすぎるくらい

あこがれますが、それを早めにしてしまうとそれなりの資産で止まってしまいます。

50才までは資産増に邁進したいと思います。

f:id:rupannzasann:20171207233313p:plain

聖人君子のように義に重きを置きすぎると、資産形成は難しく、

かといって小人のようにせこく、ずるがしこく生きれば世渡りは難しい。

どちらにもなりすぎないように、行ったり来たりでバランスを取るのが

我々庶民の道です

マザーテレサのような生き方、インドの外国人からぼったくってくる詐欺師

のような生き方では資産は作れないのです。

f:id:rupannzasann:20171207233752p:plain

仕事を道楽化のレベルまで昇華できれば、毎日楽しく、仕事もうまくいき、

人間関係上手くいき、資産形成もやりやすくなります。

仕事=決められた時間を耐えて給料をもらってくるだけ。という働き方では

つまらないです。

せっかく仕事をやるからには楽しく道楽化していきましょう。

f:id:rupannzasann:20171207234022p:plain

 

もし、仕事を道楽化して楽しくやれるようになれば、自然と出世の道も

開かれてきます。

自分では力不足だと考えたり、めんどくせえな・・・と考えるのもわかりますが、

ここは遠慮せず、めんどくさがらず引き受けるべきだと説いています。

より権限のある大きな仕事をすることで、より資産形成ができる給料であったり、

経験、コネができるかもしれません。

 

以上 私の財産告白 本多静六著でした。

少しでも読んでみようと思われたらぜひ読んでみてほしいです。

kindle unlimitedなら月額980円で、この本を含む

登録されている本すべて読み放題です。

 

私の財産告白

私の財産告白

 

 

では、ありがとうございました。