節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

鼻血で服を汚してからの1分の動きたるや

スポンサーリンク

どうも、本日昼頃、突如鼻血が吹き出した、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

その時は仕事中で、もちろん仕事用のシャツを着ていたのですが、胸ポケットの近くが赤いシミとなってしまいました。
f:id:rupannzasann:20190326224521j:image

そこからの私の動きたるや、素晴らしいスピードだった・・・・

と後世に語り継がれることだと思います。

 

 

まずは鼻にティッシュを詰め、被害の拡大を食い止めます。

そして、職場の給湯室に駆け込み、台所用洗剤を取りトイレにかけこみます。

ここで悠長なことをしていてはいけません。

 

トイレに入り次第、シャツを脱ぎ、急ぎ水洗いをします。

しかし、そんなものでは血のシミは落ちることはありません。

 

そこに台所用洗剤を一、二滴汚れた箇所に塗り、裏と表から優しくなでるようにこすっていくと、驚くほど汚れが綺麗に落ちます。

 

全く血のシミがなかったかの如くになります。

急いでやったので写真までは撮れませんでしたが、シャツ1枚を無駄にせずに済みました。

 

私は服のサイズが大きいこともありシャツ一枚ダメにしたら四千円以上の損失が出てしまいますからね。

必死でしたよ。

血のシミがついてからそれを落とすまでに一分もかかりませんでした。

 

血のシミの落とし方は色々ありますが、何より大事なことは、血がついてすぐに水洗いすることです。20分30分も経てばもう落ちなくなってしまいますからね。

速攻が大事です。

繊維の奥まで染み込む前に、処置することが大事です。

 

間違っても家で洗濯するときに落とせばいいやと思ってはいけません。

その場でやらなければ、もう二度と完全には落ちないと思った方がいいです。

 

 

ものを大事にする節約系ミニマリストなら、このような生活の知恵をたくさん知っていますので、日常で何か困ったことがあったら、周りの節約系ミニマリストに聞いてみると良いのかもしれませんよ。

え?周りにいないって?

 

2019/03/26記事作成