節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

一日15時間働く人へのミニマリズムな食事

スポンサーリンク

f:id:rupannzasann:20171227074252j:image

 

どうも、節約系ミニマリストのルパン座3です。

今回は長時間労働でも疲れにくい食事のお話です。

 

年末の掻き入れどきには、マキシマムな労働時間になってしまいます。

天皇誕生日から30日まで1日15時間労働です。

富岡製糸場の女工もビックリな労働時間です。

こうなってくるととにかく体がだるい、空いた時間はすべて睡眠に当てたいと、

適当な食事になりがちです。

そうなるとより疲れやすくなります。

 

疲れない食事を目指すには、

まずは、夕飯で固形物は取らないようにしましょう!

私は、牛乳に青汁とヨーグルト風味の大豆プロテインを混ぜたもの500mlを

夕飯としています。

胃腸に固形物が無い状態で寝ることで、睡眠効率が格段に良くなります。

4時間から4時間半の睡眠で、ぱちっと目が覚めます。

前日の疲れもほぼ消えています。

 

そして、起きたら美味しい朝ごはんを食べましょう!

多少お金をかけてもいいので、自分がこれ食べたら元気になれるという

大好物を食べましょう!私は少しお菓子もつまむときがあります。

1日のテンションをここであげましょう。

 

昼食は玄米持参で、ほっともっとのおかずのみを買ってきて食べます。

玄米なら食後の急激な血糖値上昇による眠気とはおさらばです。

ただ、可能なら、このタイミングで椅子に座って10分だけでも仮眠をとりましょう。

これが午後の頭の回転に大きな助けになります。

 

このように食事に気をつけ、通勤は自転車にしましょう。

そんな暇があれば寝たい?ノンノン!

適度に自然な運動をすることでより睡眠の深さが上がります。

筋肉もほぐれます!

 

さて、年末年始仕事がある社畜のみなさん、

大変なのはこれからですが、頑張っていきましょう!

 

では、ありがとうございました!