節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。和牛繁殖農家を目指す。

脂肪は負の複利で増えるので借金に似ている

スポンサーリンク

 どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

1日2食夕飯抜き生活1か月たちましたが4kgが最初の10日で減ってからはうんともすんともへらなくなりました。

いや~ダイエットって大変ね。

太るのは簡単なのに、痩せるの難しすぎる。

何でこんなにも難しいのだ?と考えた時に、借金と同じで負の複利効果が働くからだなと思い立ちました。

特に消費者金融とかで借りた借金は減らないものですが、それは毎月利子で増えていき野で、ちょっと返しただけでは先月より借金総額が増えているということが起きます。

そして借金が増えれば増えるほどさらにそれに利子が付く。

 

脂肪も同じで、脂肪が増えれば運動するのも大変になるからより動かなくなるし、動かなくなればさらに基礎代謝も下がって太りやすくなる。

太るとモテなくなるから、「痩せてモテよう!」という気持ちすら薄らいでいく。

 

胃袋も大きくなるからよりたくさんものを食べれるようになり、外食で脂っこいものを食べるようになるし、毎回大盛を求めるようになる。

 

そんな感じで体重が10kg増えるだけでさらに体重が増える仕組みがどんどん追加されていくのだ。

 

ということで、その体重増えやすくなっている仕組みを一つ一つ分解しているのが今の私の状況なのだ。だから時間がかかるのは仕方がない。

 

最近昼食において、糖質抜きで食事をしてみた。夕食を抜いても頭痛はしないが、昼食で糖質抜きを一度しただけで、ずっと寝るまで頭痛が止まらなかった。

 

食事をして、「これから糖質がいっぱいくるぞ~」と喜んでいた脳に、糖質が送られないと、その落差で脳が「糖質よこせぼけええええ!」と暴れている感じなのだろうか。

1回糖質抜いただけですよ?それでこんなにも頭痛するなんて、もう糖質依存症じゃないですか・・・

 

やべえな。さすがに18年デブって体を甘やかしてきたかいがある。

こんなにも糖質に依存していたとは思わなかったな。

 

でもどういう仕組みかわからないが、朝食で糖質抜くのは頭痛がしない。

昼食のみ頭痛のスイッチが入る。不思議だな。

それでいて昼食を抜いても頭痛はしない。昼食をして糖質を抜いた時だけ頭痛がするのだ。

 

いい加減脂肪借金地獄から脱しないといけないので、なかなかすぐには減らない絵けどダイエット続けていきます~ 

 

20210304記事作成

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村