節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

美味しく乾燥タピオカを戻すときは、ゆでる段階から砂糖を入れよう

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

www.rupannzasann.com

最近ずっとタピオカミルクティーの試作の記事ばかり上げています。すみません。

でも、なかなかうまくいかんのです。

まだまだ実験が大事。

 

ということで今回は、以前うまく戻せなくてあきらめていた乾燥タピオカをおいしく戻せないかの実験です。

 

 

 

 

これまでと変えた点は、

ゆでる段階から黒砂糖を大量に投下してゆでる点です。

いろいろなサイトで乾燥タピオカの戻し方を見ていても、ゆでる段階では砂糖を入れていないものばかりでした。

しかし、より甘みをタピオカの奥まで染みわたらせようと思ったら、ゆでる段階から入れるべきですよね。
f:id:rupannzasann:20190702161031j:image

こんな感じで、お湯が黒くなるほどの黒砂糖を投入しました。

 1時間ゆでで、20分蒸らして完成です。

乾燥タピオカはとにかく戻すのが手間だ。
f:id:rupannzasann:20190702161040j:image

戻したものを一口食べてみると、ほんのり黒砂糖の味がついております。

食感ももちもちしていて、すでに良い感じです。

やはり、ゆでる時から大量に黒砂糖を入れるというのが正解だった!

 

それをさらに20分、黒砂糖とノンカロリーシロップとを混ぜた液体に漬けます。

 
f:id:rupannzasann:20190702161047j:image

それらを、ミルクティーに入れて豪快に飲み干します。

うむ、うまい!

 

生タピオカでないともちもちしたものにできないかと思ったけど、乾燥タピオカでも、戻し方を気を付ければいけるな!うまいわw

乾燥タピオカのほうが仕入値段も1/5になるし、保存も効く。

乾燥タピオカで作ろうっと~

 

2019/07/02記事作成