節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

美人からの友人申請はもちろん詐欺だけど、そうでない場合も詐欺あるからツライ

スポンサーリンク

どうも、Facebookは外国人だけフォローすると決めている、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

そうすることで、普通のニュースではわからない、欧米ではない外国の普通の人たちの日常を垣間見えるから楽しいのですよ。

 

 

www.rupannzasann.com

さて、そのように登録の仕方をしていると、もんのすごい美人から友人申請が来たりします。それを承認するとどうなるでしょうか?

 

そうすると、

「私はナッツガールです。

あなたの夢を実現します。

ファ〇ク来て、私の猫を舐めます。

アナタが勇敢で無力でないならば、私のwhatsapp番号をここに電話ください」

 

というような、暗号のようなメッセージが届くようになります。

いったいどんな誤訳をしているのだろうか?と想像して楽しんだりもできますが、

頻繁に来るので面倒ですわw

から、しばらく楽しんだ後、ブロックすることになりますね。

 

 

なので、最近では友人申請があったときは、

①男性②おばちゃん③若いけど美人ではない・・・

の3パターンのみ承認するようにしていました。

 

私のようなやり方をする人間が多いからか知りませんが、敵も裏をかいてきますね。
f:id:rupannzasann:20190415175200j:image

そんなに美人ではない・・・?という女性を登録したのに、

また暗号文のようなメッセージが届きました!

 

このビジュアルでだれが騙されて返信するんだよ!とツッコミを入れつつ、

泳がせていると、毎日暗号文を送ってきます。

もしかしたら、どこからに監禁されていて、暗号文にその監禁先が分かるようなトリックがあるのかな?とも疑って考えてみたけれども、どうにも違う気がする。

 

う~ん、数打てば当たるのかな?

わざわざ世界中に向けて詐欺のメッセージを送らなくても良いのにね。

ということで、これは詐欺か?と考えながら友人登録をしています。

 

これでおばちゃんを登録しても、暗号文が送られるようになったらお手上げだな・・

 

2019/04/25記事作成