節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

普段は節制し、使う時には パァーッと使うという罠

スポンサーリンク

f:id:rupannzasann:20181001154459j:image

 

どうも、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

よく貧乏人と金持ちとの違いという話で、

「貧乏人はどうでもいいところにお金を使ってしまう。

金持ちは日頃は倹約し、 無駄な所への出費は押さえ、

使うべきところではバァーッと使う」

という説明があります。

 

だから、 我ら一般庶民は、そのお金持ちを見習うべし!

とよく言われています。

 

 

せっかく貯めてもパァーッと使うアホ

いや、貯めたお金をパァーッと使ったらだめですよ!

お金をためてパァーと使おう!

これは、レジャー産業や車業界、住宅業界の策略じゃないかと私は考えています。

 

倹約しようが、しなかろうが、最後にガバッと使ってしまっては、

結局、お金を使ってしまって、無くなったという結末は一緒なんですよね。

 

細かくお金を使っていたか、最後にドバッと使ったかの違いで、

結局お金は貯まっておらず、 10年後も今と同じ生活をしている

ということになりかねません。

 

節約系ミニマリストの私が考えるお金の使い方は、

日頃は倹約節約を重ね、収入の半分から1/4は投資に回し、

その原資が十分に増え、 数十万円の配当が定期的に入るようになってから、

初めて贅沢をするというものです。

 

それも、その貯めた原資が減らない範囲で、贅沢をすべき だと思います。

原資にまで手をつけては、未来へつながりません。

 

そのようにしなければ、いつまでたっても同じ所をぐるぐる回ってる、

籠の中のハムスターと変わりません。

そんなのは嫌だ~嫌だ嫌だ!

 

世の中にはありとあらゆる魅力的な商品があり、

それを売ろうとするプロの商売人がたくさんいます 。

f:id:rupannzasann:20181001154409j:image

その口車に乗ってはいけません。

相手は売るプロですから、そりゃあ欲しくなりますよ。

 

でも、まずは自分の生活レベルを1段階できれば2段階落とし、

欲しいものも厳選して買い、 節約倹約を重ね10年後の飛躍を狙いましょう。

 

www.rupannzasann.com

 これは、日本史上最大の投資家「本多静六」さんの教えです。

 

生まれつきお金持ちではない人間が、

お金を貯めよう、財を成そうと思ったらそれしかないのです。

パァアア~と使ってるようではダメなんです。

すでに金持ちの人はいいですよ?金持ちなんだから。

そうでなければだめですよ。

 

自分へのご褒美はほどほどにしましょう。

日頃どんなに節約倹約を頑張っていても、

所々のイベントで それを無駄にしてはいけません。

 

例えば旅行に行くにしても、せっかくの 旅行だからと、

財布の紐は緩めてはいけないのです。

本当に必要なものだけを買ってきましょう。

例えば きちんと LCC を利用しましょう。

数時間狭い座席で我慢するだけで数万円安くなるわけですから。

 

ケチと倹約は違うものではありますが、

人に迷惑をかけない、自分だけ少し我慢すればお金がたまるというのであれば、

少し我慢してみましょうよ。

あいつは倹約家だな。何が楽しんだか!と陰口をたたかれるくらいが

ちょうど良いのですよ。

ただ重ねて言いますが、人に迷惑をかけない範囲でね。

 

2018年10月2日記事作成