節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。和牛繁殖農家を目指す。

さっさと実家を継いで書類上年収一千万円にしてしまってから婚活やるわw

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。 

 

結婚相談所登録2週目にしてすでにめげそうになっております。

やはり37歳年収320万円男性は避けられる。

ということで、和牛繁殖農家ならではの技で、書類上年収1千万円にして再挑戦をしようかと検討しています。

 

流れとしては、

①再来年の1月からマイクロ法人の立ち上げ、実家の事業継承準備

②再来年の3月で今の会社を退職(私38歳)

③事業継承しこの年度の実家の和牛売り上げをすべて私の年収に組み込む。

父母は書類上は年金のみで生活をしている感じになる。実際は財布は同じ。

④売り上げでいうと年間1400~1600万円だが、通常は経費や減価償却、事業投資で年収が600~800万円で落ち着くところだが、経費を少なめに計上して年収を1千万円以上になるように調整する。

 

年収が上がると税金が上がるから普通の農家や個人事業主はこんなアホなことはしない。

ただ、「和牛の販売売り上げに関する所得税、住民税は無税とする」という特別措置法があるので、年収を高くしても所得税住民税は増えない。

 

その分健康保険税が80万円とかになるけど、マイクロ法人を作っているのでそれも2万円程度に抑えられる。

 

併せて副業でバイトもしておくのと、1~3月分の今の会社の月給と冬のボーナスも足せるので、それで+100~200万円追加で乗せられる。

そうなると年収1200万円とかもできる。

 

これで、年収1200万円農家39歳男が完成する。

その状態で沖縄に戻ってきて2月~婚活を再開するのだ。

 

あとその時期には併せて4月から2年間沖縄県立農業大学校へ2年間通うことになる。

年収をあげてしまったので、この2年間でもらえるはずだった2年間合計300万円の助成金はもらえなくなるけど・・・・

300万円で結婚できるなら安いか?

 

もしくは来年度沖縄で働くけど、実家の事業は私に継承し、利益はすべて私側につけるということが税金やらいろいろな法律的にOKなら1年早められる。

ただ、その場合税理士に聞いてみないと危ないな。

2/23の税理士記念日にある税理士無料相談会に行って聞いてみよう。

 

20211206記事作成

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村