節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

34才のおじさんとしてブログを書いてきたのですが、実は私は40代後半のおばさんで、引きこもりの22才の息子がいるんです。

スポンサーリンク

どうも、ふと、

「実は私は40代後半のおばさんで、引きこもりの22才の息子がいる」という人生なのではないだろうか?と思った節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

「いや、意味が分からん!」とおっしゃると思いますが、その可能性があるなと。
f:id:rupannzasann:20190310131246j:image

先日、昼寝をしていた30分間の間に、長い夢を見たのです。

 

 

それは、中1くらいの引きこもりの息子がいる母親に、なぜか私がなっていて、

その息子との数年のやり取りを飛ばしながらも、ざっと数年分体験したのです。

どんな内容だったかは夢なのであいまいなのですが、かなり激しく言い争い、泣きながらドアをたたいたシーンを記憶しています。

だんなは出てきませんでした。シングルマザーなのかな。

 

1回の夢の中で、飛ばしながらも一つのストーリーを数年間体験するという経験は初めてのことでした。

別に私は引きこもり経験があるわけでもなく、親と言い争うようなことはそんなになかったのですが、なぜそのような夢になっているのかはよくわかりません。

 

最後の方では、一気に時間が経過して息子が22歳になっていて、自分も40代後半のおばさんになっていました。

そして、また息子と言い争った後、会社に出勤せねばならない時間になり、私(母親)は、出勤していきます。

 

 

そこで車に乗るわけでもなく、なぜかスケボーに乗って出勤します。

そして、なかなか長い坂を下っているときに、大雨が降ってきました。

気が付けば、周りは薄暗い時間帯になっていました。

遅刻する!と焦った瞬間に、スケボーが割れて転倒してしまいます。

 

特にけがはないのですが、大雨に打たれながら腕時計を見ると18時。

出勤のために朝8時に家を出たはずが、なぜこんなことに・・・

今日は大事な商談があったのに。

もうだめだ、仕事もクビだ。

息子はどうなるのだろうか・・・・と大雨の中、道路で泣き崩れました。

 

そして、目が覚めたときにも、まだ夢の状況を引きづっており、30秒くらい、まだその母親の気分だったんです。

仕事クビだ、どうしよう・・・息子・・・・

 

ん?いやいや、私は34才のおっさんやん!と途中で我に返りました。

すげえ、胡蝶の夢みたい!

 

「胡蝶」は蝶の美称。
中国、戦国時代、思想家である荘周が胡蝶になった夢をみた。
自分が夢の中で蝶になったのか、それとも夢の中で蝶が自分になったのか、自分と蝶との見定めがつかなくなったという故事から。

もしかしたら、今の節約系ミニマリストとして生活している34歳おっさんのほうが夢で、40代後半の母親として生きているほうが本当なのかもしれない・・・

ということを本気で考えだしたら、だいぶ精神病んでいるんだろうな~と思いつつ。

 

スケボーで出勤をするようなクレイジーな母親なら、子供は引きこもりにはならないきがするから、ただの夢だろう。

いや~目が覚めたときに、本当に軽くパニックだった。

 

夢の中で数年時間が経過するというのは体験してみると怖いな。

みなさんは、こんな夢見たことありますか?

自分が完全に他の人になりきっている夢って、生まれて初めて見たわ。

変身願望があるのかな。

 

2019/03/11記事作成