節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。和牛繁殖農家を目指す。

ダイエットも投資も節約も例外をゆるさないことから始まる

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

1日2食夕食抜き生活を始めて3週間以上たちました。最初の10日で4kg減った後、10日以上そこから体重減らなくなりましたが、気にせず継続中です。

3週間たった今でも、仕事終わって帰宅しナッツだけ食べて寝ていると、寝る前に糖質不足で頭痛がする日もありますし、おなかすきすぎて寝にくい日もあります。

 

しかし、それでも「今日くらいはいいか」という例外を作ってはならんのです。


f:id:rupannzasann:20210222121515j:image

やるからには例外を作らない。

毎日淡々と例外なくただひたすらに続けるのです。

例外を作って1日さぼると、1回さぼると、それを取り戻すのに時間がかかるのでそのままやらなくなってしまいかねないのだよな。

 

投資も同じく。

私は月手取り19万円しかなく、実家の和牛繁殖農家の増頭のためにくんだローン返済が月10万円あります。そのため投資と言っても現状iDeCoしかできていません。

※ローンはあと100万円なので10月には返済終わります。終わり次第はNISAも毎月10万円します。

でも、今でもiDeCoの月2万3千円の積み立てだけは最優先で確保してから、残りの費用で生活しています。まる2年以上積み立てなかった月はありません。

 

今月は生活厳しから積み立てやめておこうということは絶対にしません。

例外を認めたら積み立て習慣は簡単に崩れるのです。

変えるべきは投資以外にかかる費用であって、投資費用には手を付けない。

 

投資の費用を作るための日々の節約も同じ!

すべて例外を作らずに決めたルール内で何とか頭を使ってしのいでいく。継続して習慣化していくためにはそれしかない。

 

20210224記事作成

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村