節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。和牛繁殖農家を目指す。

尖っていることが、もてはやされる世の中だけど中道を目指すのが一番

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

人とは違う尖った言動をする人がもてはやされるこの SNS 社会に生きてはいますが、改めて中道を行くというのが最も良い選択なんだろうと思うようなりました。

 

ここで言う中道とは真ん中を指す言葉ではありません。真ん中を指す言葉は中庸と言います。中道はそれぞれとっての丁度良い具合という意味です。

 

例えばギターの弦を考えるとわかりやすいです。この弦はちょっと強めにはったほうが音が高くて良いし、この弦はちょっとゆるめにはったほうが音が低くてよい。そんな感じです。

 

それぞれの人それぞれの環境に応じて中道は色々あるのです。ミニマリズムもいろいろやった結果として、最終的に自分にとって気持ちが良い中道を見つけていけばよろしいのではないでしょうか。

 

全然物がない状態がその人にとっての中道かもしれませんし、普通よりちょっと物が少ないくらいのミニマリズムが中道かもしれません。これはその人にもよるし、その人のタイミングにもよるでしょう。

 

色々ミニマリズムを私も試してみた結果、布団まで捨てて寝袋にしたのはよくなかったなと改めて思います。どうせあと2年半もしたら沖縄から出るので、それまでは寝袋生活で行こうと思いますけど、それ以後は普通に布団で寝る生活になると思う。

 

これ以外に関しては今の生活はかなり中道な生活ができていると思います。ストレスなく、掃除の手間も物がなくなることもなく、シンプルで生活しやすいです。

 

ただこの自分にとっての中道を探すというのは、実際に試してみて最適解を探していくしかない気がします。

ということで一旦物を捨ててみて最適解を探して状況によっては、もう一度買い直すというのもありじゃないでしょうか。

 

20210821記事作成

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村