節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

手ぶらで三泊四日の台湾旅行に行く時の持ち物 一覧

スポンサーリンク


f:id:rupannzasann:20180428075143j:image

どうも節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

これより3泊4日の台湾旅行へ行ってきます。

節約系ミニマリストたるもの 手ぶらで、 台湾くらいは行かなければなりません。

バック一つ持ちません。 体ひとつで行ってきます。

 

www.rupannzasann.com

 

持ち物は写真の通りです。

これを全部身につけて、 手ぶらで行ってきます。 

あとこれ以外に、写真を取っているSIM フリーのスマホを1台 持ってきます。

HUAWEIのデュアルSIMのものです。SIMカードを2枚入れられるので、

日本で使っているSIMの下に台湾で買ったSIMを入れて使います。

SIMを入れ替えて、保管しておく必要が無いので、手ぶらで海外旅行するには

デュアルSIMのスマホをお勧めします。

スマホにすべての情報を詰め込んでいますので、ガイドブックは必要ありません。

 

持っていくものの説明をしていきます。


f:id:rupannzasann:20180428075254j:image

まずはパスポートです。

これ持って行くの当たり前として、 パスポートにクリップで

チケットの QR コードやタイムスケジュール、その他書類を挟んで留めておきます。

SIMカードの入れ替えの時にもクリップは重宝します。


f:id:rupannzasann:20180428075339j:image

手ぶらでチェックインのやりやすいように 、

QR コードは 小さく切って あります。

 裏面には、タイムスケジュール、 予約番号が書いてあります。


f:id:rupannzasann:20180428075431j:image

1年以内に3回以上台湾に行った人ならば、 常客証の申請ができます。

これがあると、現地人と同じ所要時間でイミグレーションを通過することができます 。非常に便利です。もちろん、 無料で10分で発行できます。 一年間有効です。

手ぶら&常客証があると、 飛行機から降りて15分後には、

空港の出口に立つことができます。


f:id:rupannzasann:20180428134818j:image

みんなが30分並んでるところ5分で通過ができます。


f:id:rupannzasann:20180428075633j:image

財布に入れているものは、

台湾の 電車やバスで使えるカード

クレジットカード1枚

マイナンバーカード

現金2万円  以上です。3泊4日でホテル代、チケット代払っているので、

おみやげを多めに買っても2万円以上使うことは無いでしょう。

 

パスポート落とした時や財布を落とした時のバックアップとして、

透明な 名札入れで補完をします。

クレジットカード1枚

免許証 保険証

パスポートのコピー

戸籍謄本

100ドル

を入れておきます。

何かあった時にはこれが 最後の砦です。

 ホテルに着き次第、これはパスポートと一緒に金庫に保管しておきます。

 

ホテルに着くまでは、左の前ポケットに入れておきます。

ポケットが深いのでスリに会うことはありません。

財布とスマホは右ポケットに入れ、後ろのポケットにはごみ以外入れません。

 


f:id:rupannzasann:20180428075931j:image

モバイルバッテリーを持たずに充電器を持って行きます。

これでこまめに充電します。

充電器のコードは出来る限り短いものを選びましょう。

これも左前ポケットに 入れておきます。 ホテルに着いたら置いておきます。

 


f:id:rupannzasann:20180428080017j:image

イヤホンは耳栓代わりにもなるので必ず持って行きます。

ただ、空港などで何かを聞き漏らすといけないので、

骨伝導のイヤホン持って行き、音楽を聞きながらも、

外の音を聞けるようにしておきます。


f:id:rupannzasann:20180428080059j:image

速乾性タオルを首に巻いていきます。

台湾に着いたら頭に巻いて帽子代わりにもします。

洗濯をした時には、速乾性タオルを服に巻いて水分を取り、 脱水代わりにできます。

普通のタオルではダメです。

速乾性タオルがベストです。

濡らしても頭に巻いて30分も歩けば乾きます。

顔に巻けば アイマスクの代わりにもなります。


f:id:rupannzasann:20180428080213j:image

靴下をはきたくないので、クロックスを履いていきます。

柔らかめの底で長時間の歩行にも耐えれるものを買いました。

 

www.rupannzasann.com

 


f:id:rupannzasann:20180428080339j:image

ナイロン製のベルトです 自衛隊で使われているものです。

 

www.rupannzasann.com

 

金属が全く使われていないので、

ベルトをしたまま イミグレを通過することができます。

空港で急いでる時に非常に重宝します。


f:id:rupannzasann:20180428080421j:image

下着は手のひらに収まるサイズの T バックを付けていきます。

これならば 日中 1時間外に干せば乾いてまたはけます。

 

www.rupannzasann.com

 
f:id:rupannzasann:20180428080509j:image

乾きの速さと涼しさから、アロハシャツを着て行きます。

 

www.rupannzasann.com

 

と言うか私は、半袖の服はアロハシャツしか持ってませんけどね。

f:id:rupannzasann:20180428080555j:image

空港内や飛行機内の寒さ対策として、ジャージを持って行きます。

真夏だろうとアフリカ行こうと持っていきます。

 

また、シャツやパンツを洗濯して 干している間に、

裸にジャージを上から着て 歩いたりすることもできるので、 必ず必要です。

 これがなければ服を干してる最中は、全く部屋から動けなくなってしまいます。

またシャツのポケットにパスポートなどを入れ、

上からジャージを付けて前を閉めれば、 スラれる心配もなくなるので、

鉄壁の防御にもなります。

 

サングラスも持っていきます。

単純に目を守るためもありますが、サングラスで目線を読まれないようにした方が、

交渉の時などには有利に働きます。

また、サングラスをすると中国人か日本人か韓国人かも分かりにくくもなります。

海外旅行中は中国人と思われた方が、ぼったくられないないので便利です。

 

追加でボールペンも1本持っていきます。筆談や入国カード記入で使いますが、

マストではないです。

 

後はジーンズ一枚履いてくだけです。

これだけで台湾旅行に行ってきます。

三泊四日程度ならこれだけの荷物で十分です。

節約系ミニマリストの 台湾旅行を見せてやるぜ!

 

2018/04/28記事作成