節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

引っ越しは業者を呼ばずにタクシーでするよ。そう節約系ミニマリストならね。

スポンサーリンク

どうも、イケハヤ尊師ご推薦、万年厄年、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

今回は、節約系ミニマリストとして生きることを決定づけた、

1年前の引っ越しをした時の様子のお話です。

 

 

断捨離をして、引っ越し費用と時間を断捨離

何かで読んだのですが、単身者の引っ越し費用平均は5万4千円くらいだそうです。

意外と高いですよね。

この費用でうちのアパートなら2か月住めるw

 

そして、引っ越し元で荷物を渡すために1日つぶれ、

引っ越し先で荷物を受け取るために1日つぶれてしまいますよね。

休日だと費用上がるし、平日だと有給取らないといけないわけですよね?

 

超無駄ァァァァァ!

 

ということで、節約系ミニマリストの引っ越しの手法を説明します。

県内での引っ越しならこれでOKでしょう。

 

①持っていく荷物は、タクシー1台に載せられる量に限定する→これ重要

 

www.rupannzasann.com

 引っ越しの当日が特に断捨離のピークです。持っていくの面倒だなという感情を使って、断捨離を加速させていきましょう!

 

②食料品、消耗品は引っ越しまでに使い切る

 

www.rupannzasann.com

 

タクシーで引っ越しするなんて、荷物いっぱい積んじゃうから迷惑かしら・・・

とか微塵も考えない!⇒乗ってくれるだけであちらとしては得なはず。

一応、すみません~荷物多くて~とは言っておこう。

 

④家電は買わずに借りるというのも手

 

www.rupannzasann.com

 ※結局私は借りずに、冷蔵庫なし、電子レンジなし、

ガスコンロなしで生活しています。

 

 

今回はトランクに布団一式を入れて、後ろの席にスーツケースとバッグを

積みました。

後ろの席を全面使うなら、家電をあと3、4個は積めますね。

でもって助手席に座ればいいから。


f:id:rupannzasann:20180130114507j:image

 ⇒こんな感じで積みました。

もし、車を持っているなら自分の車で運べるから、ここまで極端にモノを減らす必要無いですが、節約系ミニマリストなら車ない人のほうが多いはず.。

 

あと、絶対にやってはいけない引っ越し方法として、

友人、同僚などに手伝ってもらって引っ越しをするというものがあります。

これはしないようにね。

 

ダメな点として、

①相手がケガをしても保証できない

②物を壊されても文句を言えない

③なかなかスケジュール通りに引っ越しが終わらない

④引っ越ししたらすぐに新居生活の準備をしたいところが、お礼もかねて食事に

行かないといけなくなり、時間とお金のロスが大きい。

ということがあげられます。

 

友人同僚に頼むくらいなら、業者を呼びましょう。

でもそれも面倒くさいからさ、自分でやりましょうよ。

 

ちなみに今回は引っ越し先が隣の市だったので、

タクシー代は1390円でした。普通に引っ越すことと比べると5万2千円くらいの得だね!

 

もちろん、他県とか遠くに引っ越しするなら使えない手ですが、

2、3個先の市町村に引っ越す分にはこれでいけますよ。

あまりにも遠くなってきたらレンタカー借りてもいいかも。

 

入居の前に不動産屋さんから鍵の手渡しと細かい諸注意と、部屋のキズの

確認と現状確認の写真撮りをしました。

渡された鍵がコレ↓
f:id:rupannzasann:20180130114524j:image

まじか!自転車のカギかよ!小さいな~

セキュリティーはバッチリだね。ドライバー無理にさしたら開きそうなカギだわ。

まあ盗まれて困るものも無いから良しとしよう。

 

2018/12/24記事作成