節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

通勤時間が短いとストレス激減だなと

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

職場まで25分かかっていたところから、職場まで10分で行ける場所に引っ越しをしました。

引っ越し大名!

引っ越し大名!

  • 発売日: 2020/04/08
  • メディア: Prime Video
 

そもそも前住んでいた場所は、職場に5分で行けるというのが借りた理由の上位に来ていたのですが、今年の3月に部署替えのため隣の市に職場が変わったのだ。

半年間がまんして片道25分かけて通勤していたが、地味にストレスだった。

耐えられないほどではないが、車ではなく原付バイクで通勤しているため通勤中に音楽を聴いたりラジオを聴いたりということもできない。

 

そうなるとただ、ぼ~と往復50分間バイクを運転しているだけだ。睡眠と仕事で15時間ほど毎日なくなるので、実質自由時間は9時間ほどだ。そのうちの1時間近くをぼ~とすることに使うというのはやはり無駄が多い。

 

もちろん運転中にはブログの内容を考えたりして有意義にしようとはしてきた。ただそんなもんは10分くらいあればそれなりに思いつく。50分もいらない。

 

ということで職場まで10分のところに引っ越しをして2日目だが、ちょっと考え事をしているうちにすぎに職場につくので最高である。

あとこの距離だと何か忘れ物をしたりしてもすぐに取りに帰れるのも助かる。

 

やはり、職場と自宅は近くにすべきだな。ただ近づきすぎると顔なじみのお客さんとスーパーでばったり会ってしまって気まずい思いをしたりするので、バイクで10分くらいかかる中学校の学区が変わるくらいの場所に住むのがちょうど良いと思うね。

 

都会だと往復3時間かけて電車通勤するみたいな話も聞く。電車なので音楽などは聴けるとはいえ、それだけの時間くつろげもしない電車に揺られているというのは大変だろうな。そう考えると家賃高くなっても職場の近くが良いよね。

 

リモートワークがどんどんひろがって通勤する人が3割くらいに減る世の中に早くなってほしいものだ。 

 

あと考えてみたら、

小学校→歩いて10分

中学校→歩いて1分

高校→寮だったので歩いて1分

大学→歩いて5分

という状況で育ったもんだから、長い間移動するということに対する耐性が低いのかもしれんな。

 

20201020記事作成

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村