節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

風呂場で特殊な半身浴をしていて、大家さんに死んでると勘違いされた話

スポンサーリンク

f:id:rupannzasann:20181002130754j:image

どうも、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

まずは、この記事を読んだことがない人は読んでいただきたい。

 

www.rupannzasann.com

 

前段階の説明

 私は、バスタブのないアパートに住んでいるのですが、

道具を何も使わないで、費用ゼロで半身浴をする方法を編み出したのです。

その方法は、上の記事で詳しく書いてありますが、

 

①蛇口からお湯を出す

②浴室に寝転び、けつで排水溝をふさぐ。

③お湯がたまっていく

④浴室は5cm程度深さがあるので、そこまでお湯をためて、

寝ているからだの下半分をお湯につけるという半身浴をする

 

ということをしています。

ガス代、水道代高そうだ~というご意見もありますが、

うちの浴室は狭いので、5分もしないうちにお湯はたまります。

だとすると、普通の浴槽にお湯をためるのと、大差ありません。

あと、うちのアパートは水道代とボイラー代込みの料金設定なので、

お湯代は気にしなくてOKなのですよ!

良い物件でしょう~

 

 

いつものように半身浴をしていた

さて、本題に入りますが、

題名を読んで、どういうことだ?って話だと思います。

 

まず、私は風呂に入っていない時は、浴室の窓を半開きにしておいて、

浴室を乾燥させるように努めています。

いつもは風呂に入るときは、窓を閉めるのです。

当たり前だけど。

 

でも、この日はたまたま閉め忘れていたのです。

半身浴開始段階で、そのことは気がつきました。

だったら、すぐに窓を閉めればいいじゃないという話ですが、

そうはいきません。

皆さん状況を想像してください。

 

ケツで排水溝をふさぎ、お湯をためているという状況なので、

立ち上がって窓を閉めたら、お湯が抜けるのです。

また溜めるのめんどくさいし~

 

でも、まあ男性単身者しか住めない条件のアパートなので、

女性はあまり外廊下を通らない。同じ階の住人も3人しかいないし。

誰からに見られても、まあ大丈夫でしょう!

といらぬ前向きさが出てしまい、そのまま半身浴続行!

 

そして、暖かさから軽くうとうとしていると、

ドアを激しくたたく音で眼が覚めました。

 

 

そして事件は起きた

翌日の台風到来に備えて、大家さん〔おじいさん〕は、

何か飛びそうなものはないか、アパートの各部屋の前を確認して

回っていたのです。

そして、チラッと半開きの窓から浴室が見え、

そこに全裸で仰向けで倒れている男が見えると。

「あ~半身浴しているんだね」

とは絶対思いつかないことでしょう。

 

ということで、

大家さんが私が死んでいると思ってパニックになって、

激しくドアをたたきながら、

「ルパン座3さん、大丈夫ですか?」と叫んでいるのです。

 

本気で、このまま寝たふりしようか?

とも思ったのですが、

いやいや、このままでは救急車を呼ばれかねないと思い直して、

(少し吉澤ひとみさんの気持ちが分かった)

「すみません、酒飲んで眠ってしまいました。

大丈夫ですよ~」とドア越しに返事をして、

大事に至らずにすみました。

さすがに、半身浴をしているとは説明できないので、

うそをつきました。

 

いや、もう大家さんすみません。

なにとぞ、追い出さないでいただきたい。

 

人生何がおきるか分からないもんですな。

 

2018年10月2日記事作成